【サンティアゴ巡礼・フランス人の道】66日目:雨の日の装備 ポンフェラダ〜ビジャフランカ・デル・ビエルソ〜ベガ・デ・バルカルセ


6/28
ポンフェラダ〜ビジャフランカ・デル・ビエルソ​ 24km​
Ponferrada​〜​Villafranca del Bierzo​ 24km

6/29
ビジャフランカ・デル・ビエルソ​〜​ベガ・デ・バルカルセ​ ​18​km
Villafranca del Bierzo​〜​Vega de Valcarce​ 18​km

​​昨日も今日も雨のなかを出発。
雨にはもう慣れているので、
歩くことは苦にはならない。
そら、これだけ歩いてたら
雨も降るわな〜と他人事のようにも思える。

雨の日は、ポンチョを被っている人が多い。
バックパックにレインカバーをしていても
​バックと背中の間から雨がしみこんで
中が濡れてしまうからだ。

ぼくは​、バックパックのなかに
同じくらいのサイズの薄い防水バッグを
仕込んでいる。
モンベルのライトスタッフバッグというものだが
これまでザックの中が結構濡れても
スタッフバッグの中は問題なかった。
​生地自体は薄いためごわつかず、
縫い目はシームテープで防水処理されているので
染み込んでこない。
これは大変便利だ。​

カッパは、ウインドブレーカーとしても着ている
モンベルのストームクルーザー。
併用して使えば雨対策はばっちり。
これから歩く人は、雨対策にはポンチョか
スタッフバッグを仕込むかどちらかがいいと思う。

ぼくの場合は、ポンチョは着られない。
カメラを首からさげているので、
ポンチョを着るとカメラの扱いが
とてもしづらくなる。

​カメラは衣類用の圧縮袋に入れている。
そして傘をさす。
これでカメラを守ってきた。

そう、傘も結構役立つ。
スペインに入ってからは
1日中雨が降っていることも少ないから
バックパックにスタッフバッグを仕込んだ上で
傘も有効だと​​​思う。
​ポンチョは脱ぎ着も乾かすのも大変だしね。

​​​明日はこのルートで最後の山登り。
700mくらい​登るようだ。
​夜晴れてくれたら、​星空が見えるかな。
といっても、だいたい門限が日没と同じ22時だから、
​見るとすれば早朝まだ暗い時間かなぁ。

星降る夜空の下で、星を眺める写真を撮りたい。
​どうかそんなシーンに巡り会えますように。

雨のなか、雨がかかりそうなベンチで休憩していた二人
友人がツリーサージャーというかっこいい仕事をしている。その影響で、木を切る人を見ると思わず反応してしまう。
かわいい建物
宿のワンコ。うんこ座りしていたら股の間に入ってきた。昼の気温は14度。ワンコも寒いよね。
今日のお宿。いいカメラだね。うちの宿をとってよ!と女将がいうので、たくさん撮ってあげました。




2018ベトナム縦断2,000kmママチャリの旅
<スポンサー>


モンベル

日本最大のアウトドア総合ブランド


グローバルWiFi

世界200以上の国と地域で使える パケット定額制の海外用 WiFiレンタルサービス

3 Comments

  1. MIHO TAMIKO

    おはようございます。

    ワンちゃんの目が、可愛い!!! 何か訴えている様な・・・安心しきっていますね〜〜
    傘は、現地購入ですか?
    近々中にモンベルに行って商品見て来ます。
    ありがとうございます。٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

    1. atsushi

      こんにちは!
      ワンコは可愛かったですね〜
      すぐになついてくれて。
      傘は日本で1000円以下のものをアマゾンで購入しました。
      軽くて小さくなるものがいいですよね。
      ちょっと高めですが、モンベルなら安心ですね。

  2. まを

    そう、ポンチョは1人で着られない事が多いんですよ!かぶるタイプなので、バックパックにうまく被せられないことがしばしば。いつも相方になおしてもらう始末…。前開きだと水入ってくる可能性増えるし。
    でも私のはカリマーで、ペラペラじゃないポンチョなので結構すぐ乾きます、ペラペラは濡れてるとくっ付いてしまいその部分が乾かないみたい。

    傘は本来両手を空けたいけどストックあるので持てないですー。そもそも持ってきていないw
    今日傘さしてるのみてなるほどねー、と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA