【サンティアゴ巡礼・フランス人の道】57日目:プライベートな時間の大切さ ベルシアノス・デル・レアル・カミーノ ​〜 レリエゴス​​ 21km​


ベルシアノス・デル・レアル・カミーノ ​〜 レリエゴス​​ 21km​
Bercianos del Real Camino​ 〜 ​Reliegos​ 21km​

​昨日のブログにもちらっと書いたけど、
昨日から個室に泊まっている。
個室に泊まったのは、
4/23日本を出てから初めて。
自分のスペースがあることに
涙が出てきそう。
あ〜感動。

パソコンの電源を繋ぎっぱなしにして、
音楽を流し、日本のニュースサイトや
YOUTUBEを見まくった。
時間はてっぺんを回るが、
まわりを気にしなくてもいい。
寝る時間はどんどん削られていくが
なぜか頭はすっきりしているのだ。
大きな決断をするとき、
手伝ってくれるのは人。
その想いを記号化した
活字や映像もそのチカラを持つ。
さまざまな情報が
忘れていたことを蘇らせてくれる。

今日は、出発が遅れたので、
驚くほど道の上に人はいなかった。

しかし、休憩ができる町で
ベスチャンチームやその他の人と会えた。

はじめに立ち寄ったカフェ、
そして、到着してからビールを飲みに行ったバー。
それぞれ個性は違うが独創的。
オーナーの個性がたんまり出てて
最高に楽しかった。

最近毎日出会うフランス人のおじさん
気に入ってもらえたのか、カフェの奥さんに黄色い矢印バッジを左胸につけてもらう。何かが通じたのか、うれしい瞬間。
陽気で美味しくて楽しいお店でした。
ブエンカミーノ!と見送ってくれました

店はオーナーの人格が作る。
学んだなぁ〜

写真を撮るより、気持ちをリラックスさせる時間。
それが今日だったような気がする。

今日は、日本人に4人出会えた。
最初は、フランス留学中の女性。
次は、のりさん&かよこさんという40代のカップル、
最後は、華奢なのに雪駄を履いた雰囲気のある20代女性。
ここ数日、日本人に出会うことが多い。

みんな何かを想ってこの道を歩いてる。
その想いを話してもらうことは簡単ではない。
ただ、その想いは誰かへのメッセージになることもある。

ぼくはその想いが聞きたいと思い旅に出たことを
個室であるサイトを見ながら思い出していた。

落書きだらけのファンキーなお店。小さな村でおっちゃんの個性が輝いている。
リトアニアの女性。ビールを飲みながら1時間ほど。このあと次の町まで6キロほど歩く。16時を回りそうな時間。次の町に着くのは何時?




2018ベトナム縦断2,000kmママチャリの旅
<スポンサー>


モンベル

日本最大のアウトドア総合ブランド


グローバルWiFi

世界200以上の国と地域で使える パケット定額制の海外用 WiFiレンタルサービス

2 Comments

  1. MIHO TAMIKO

    こんにちは〜〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

    いつも楽しみに、拝読させて頂いてます。

    オーナーの表情には笑ってしまいました・・・

    九月からのスペインお陰様で、とっても楽しみになりました。♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

    自分らしく、彼方此方キョロキョロ 思い出深い旅ができそうです。

    良き旅を・・・

    1. atsushi

      メッセージありがとうございます!
      今日からスペイン各地でお祭りがあるようです。
      ぼくはレオンにいますが、宿取りが大変そうです。
      9月からのスペイン、すでに調べられていると思いますが、
      お祭りは調べておくほうがいいかもですね。
      ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA