【サンティアゴ巡礼・フランス人の道】44日目:現地の人と出会う旅 エステーリャ〜トレス・デス・リオ〜ログローニョ

木の下でアンプにつないだギターで弾き語り。巡礼者相手のカミーノミュージシャンとでもいうのだろうか。

6/5
エステーリャ〜トレス・デス・リオ 30km
Estella 〜 Torres del Rio 30km

6/6
トレス・デス・リオ〜ログローニョ ​20km​
Torres del Rio​ ​​〜 ​Logroño​ 20km

以下は6/5の話

朝6時に出発。
今日、目指す町は30km先のトレス・デス・リオ。
あまり撮影もせず先を急ぐ。

少しでも早く着きたかったのは
スペインに住む日本人女性に会うためだ。
彼女はトレス・デス・リオ​という町から
車で10分ほどの小さな村に住んでいるらしい。

がんばったおかげで14時前に着いた。

早速連絡を取り、
15時に宿に迎えにきてもらうことに。
そしてご自宅へ。

昼ごはんにパエリヤやサラダなどをいただく。

彼女がスペイン人の旦那さんと
知り合ったのはカミーノだった。
ただ、巡礼者ではなく、巡礼後にボランティアで
宿の管理をしていた時に二人は出会ったそうだ。

ここから結婚しスペインに住むことになる。
とてもドラマチックな話だ。
話を聞いていると、彼女は自分の流れに
あまり制約をかけない。
もしも・・・、ダメだったら・・・、
そういう話がない。
流れていく方向へと進んでいくチカラ。
ポジティブという言葉よりも
ナチュラルに近い。

国の制度のこと、カミーノのこと、
これからの自分のこと、いろんな話がした。
できるなら、もっと話がしたかったが、
日本の家族のことで緊急帰国しなければならず
あまり時間が取れなかった。
そんな忙しいなか、時間を作ってご自宅に
招いてもらえた。
そして、おにぎりと自家製味噌を使った
具沢山のお味噌汁を
おみやげに持たせてもらった。

荷物が増えるから、日本食のたぐいは一切
持って来なかった。
日本を出て以来初めて食べる白米、
そして、純粋なお味噌汁を夜にいただいた。

スペインでは、先日の芸術家の方や
昨日の日本人女性など、現地で暮らす人と
お会いできる機会をいただいている。

カミーノを旅しながらも、
訪れる土地で会える人がいると
旅の幅が広がる。

東から西へと伸びていくカミーノの直線に
枝葉が広がっていくようだ。

現地の人と出会う旅。
これからのヒントのなりそうな気がしている。



〈サンティアゴ巡礼道2017〉ポストカード販売中!

===ブログランキングに参加しています===
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ


海外インターネットグローバルWiFi

ぼくもフランス・スペインで使っていたポケットWiFi。電波状況もバッチリでした!

2 Comments

  1. 盛田直樹

    日本は全国的に梅雨入りしましたよ。久々の日本食は体にしみいりますよね。僕はうえやまさんの聞き耳コラムの中でベスト3の中に「もやし好きだ!」があります。そのコラムを読んでるうちに、もやしのシャキシャキ感が伝わってきて、たぐいまれな名脇役論に、うなってしまいました。今回の巡礼の道、名脇役が多いですね。咳はもう大丈夫ですか?

    1. atsushi

      日本は梅雨入りですか。スペインをまだ思ったほど暑くはなっていません。朝はまだ肌寒いくらいです。昼間は暑さが厳しいというより、太陽光線がきつい!という感じです。もやし好き!は、もちろん今も。そんなことを覚えてもらっていてありがたい!今回の旅は、フランスはスペインに比べて歩く人数が少なかったので、出会う人が友達になっていくような感じでした。スペインは人が多すぎて、誰が誰かわからない(笑 それでも出会えば声を掛け合う人もだいぶ増えてきました。今日は歩かず1日ゆっくりしています。寝込んだ以外で休んだのは初めて。毎日が同じリズムになってきているので、気分転換が必要だと思って。明日からまた歩きます!メッセージありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA