【サンティアゴ巡礼・ル・ピュイの道】32日目:導かれるように。 ナバランクス 〜 アロエ 21km

【サンティアゴ巡礼・ル・ピュイの道】32日目:導かれるように。 ナバランクス 〜 アロエ 21km


ナバランクス 〜 アロエ 21km
Navarrenx 〜 Aroue-Ithorots-Olhaïby 21km

6:00スタート
まだ暗いなかを歩き始める。
ここ1週間ほど宿が取れないこともあって
長い距離を歩き続けていた。
疲れをそこかしこで感じる。

今日こそは一発で宿を決めたい。
そこで、昨日泊まった宿の管理人さんに
今日の宿をとってもらうようにお願いをした。
目標とする町の宿を何軒も
あたってもらうがいっぱい。
次の町の宿に電話をしてもらってもフル。

やばいな〜と思っていたら、
隣にいた女性が声をかけてくれた。
彼女は、ここ数日よく出会うカナダの女性。
体は大きくないのに歩くペースが
めちゃくちゃ速い。
ついていけない。
宿につけば彼女がいることが何度かあり、
それで話をするようになった。

その彼女が、私が予約している宿がこの町にある。
だけど、明日は歩く距離を
もっと伸ばそうと思うから
キャンセルしようと思うの。
私の代わりにそこに泊まるのはどう?
ぼくはそこで全然OK!と伝えると、
彼女はささっと電話をしてくれて
スイッチしてくれた。
​OKよ!笑顔で彼女がそういった。

その宿がアロエにあるferme bohoteguia​。

その後、夕食をとるために町に出かける。
​あるレストランの近くを歩いていると
テラスからヤマ!と声をかえてくれる人が。​
ここ数日仲良くしているご夫婦だった。
​もう1組の夫婦と4人でテーブルを囲んでいる。
今日はどこから出発した?
明日はどこまで行くんだい?
そんな話のなかで、
明日はどこに泊まる?という話になった。
写メしておいたマップの写真を見ながら
宿の名前を告げた。
すると、4人ともが、いいねぇ〜の表情。
そこは、飯がうまいぞ!
なかなか予約が取れないんだ。
君はラッキーだ!
そう言ってくれた。

ぼくは泊まれるだけでありがたいのだが、
そんなことを言ってくれると
なんだかうれしくなる。

そういえば、日本人女性の遥さんが、
このあたりに行ったら
ここで泊まるといいよ、と
教えてくれたところがある。

​どこだったかな〜​
​もらったメッセージを​確認すると
まさにこのGITEだった。

え〜っ!
ガトーバスクというおいしいものが
ここにある。
それを是非食べてほしい。
そう書いてあるのだ。

そして、今、目の前にそのガトーバスクがある。
この巡り合わせに思わず身震いしてしまう。

このGITEは食に関しては
かなり行き届いている。
フルーツやそのまま食べられる。
トマトなどの野菜は
テーーブルの上に置いてある。

​ビールなどが入っている冷蔵室には、
サラダもタッパーにいれて入っている。
もちろん、すべてお金がかかるものだけど
うれしいサービスだ。

今日はぼくの誕生日。
一人でなので、少し贅沢に
美味しいビールをいただいている。
ビールに関してのみ、美味しいまずいと
好みがはっきりしているが、
ここのビールはうまい。
おそらく地ビールだと思う。

日本からは多くの人から
FBやメッセンジャー、ブログ、メール、LINEなど
たくさんのおめでとうメッセージをいただいた。
みなさんに、ありがとうございます!

この場所で50歳の誕生日を迎えるとは
少なくとも2年前には思っていなかった。
付き合い始めてからずっと、
奥さんが一緒に祝ってくれてたから、
一人という寂しさは若干ある。
だけど、今こうして生きていて、
自分がやりたかったことが
できていることに感謝しかない。

サンキュー!マイバースデー!

今日の夕食が楽しみだ。

 

2件のコメントがあります

  1. それはきっと間違いなく美味しいビール!おめでとうございます!!

    1. 美味しかったなぁ。全部飲みそうみそうになった。フランスではビールをぐびぐび飲む人は少ないね。

コメントを残す

CAPTCHA


メニューを閉じる