帰国連絡ができるまで回復しました

帰国しました!という報告ができないまま、帰国してしまっている。 客観的に見るとさぼっていたことになるか。 でも、本人としては、報告するより、ふとんに倒れ込みたいというのが優先してしまったか。 そこからは、ふとんとトイレの […]

帰国間際、気が抜けたか?

ダカールに戻ってきて2日目。 これまで、空気が汚いとさんざん言いながら、マスクもせずにしのいできたが、ここに来てノドがイガイガしている。 おなかも少しゆるい。 こちらの料理は、ガンビアもそうだったが、とにかく油が多い。 […]

ガンビアからセネガルのダカールに戻ってきた

ダカールに戻ってきた。 6:15ごろガンビアの直人さんの自宅を出発し、60kmほど走って国境までいき、そこからバスでダカールへ。 日本人はセネガルに入国する際にビザは不要だから、ガンビア出国、セネガル入国はあっという間に […]

明日セネガルのダカールに戻るが。

今日でガンビアの滞在は終わりになる。 2週間前に直人さんに娘さんが生まれ、盛大な命名式にも立ち会うことができた。 ガンビアの伝統的な太鼓「ソウルウバ」の演奏や踊りも見ることができ、旅をしているだけでは巡り会え体験をさせて […]

好きに踊れ!

直人さんの子どもの命名式の当日。 いつもはゆっくり始まるこちらの朝が、なんだか忙しい。 昨晩は夜遅くまで話し込んでいたので睡眠不足気味。 10時から始まる式に向けて準備をし、会場となる奥さんの実家に向かう。 すでに近所の […]

初ソウルウバ

ガンビアでソウルウバ奏者の直人さんのところに居候させてもらって3日目になる。 本当にたまたまなんだけど、セネガルを自転車で走っている1月19日に直人さんに子どもが生まれた。 日本では、お腹の子どもを授かり安定期に入ると、 […]

Back Way

関口直人さんの娘さん ガンビアの伝統的な太鼓の奏者、関口直人さんのご自宅でお世話になって2日目。 直人さんと道を歩いていると、ムスタファ!と声がかかる。 直人さんのガンビア名だ。 小さな子どもから高齢の人まで、びっくりす […]

ソウルウバ奏者関口直人

ガンビアでユンドゥンという町に来ている。 ここで数日間、滞在する予定。 何?旅はどうした?と思われるかもしれないけど、またまたホームステイというか日本人の家にお世話になっている。 ガンビアのユンドゥンには、関口直人さんと […]

ガンビア入国

セネガルとガンビアの国境を越えて、無事にガンビアに入国した。 セレクンダという町に宿をとっていて、そこでブログを書いている。 今日の距離は65kmくらいだったけど、朝8時に出て、着いたのが16:30ごろ。 ずいぶん時間が […]

リスク回避のためタクシーを使う

ガンビア国境まで30kmほどのところにあるトゥバクタという町にやってきた。 実はこれ、めちゃくちゃワープしている。 ワープって古すぎて若い人はわからないか、短縮したってこと。 自転車で走って1日で来れる距離ではない(ぼく […]

今日でホームステイ終了

ホームステイも今日で終わり。 今日は日曜日ということもあり、朝はゆっくりすることに。 目覚ましをせずに10時すぎに寝たのに、目が覚めたら朝の8時を過ぎていた。 ゆっくりと起き出して朝食をいただく。 セネガルに来てから、朝 […]

家族ってなんだ

セネガルにはテランガという言葉がある。 「ホスピタリティ」とか「おもてなし」といった意味を持つ。 おもてなしの文化は日本にもあるけど、ちょっと濃さが違うような気がする。 こちらの人は、本当によく挨拶をする。 握手をしてあ […]

こんなことってあるんやね

80kmほど走ってジョアルという町にやってきた。 ここでは、人生初のホームステイをすることになっている。 ケニアに住む日本人の方で、セネガルに何年か住まれていた方で、現地の友人を紹介していただいた。   現地の友人を仮に […]

排気ガスにまみれて

ダカール市内を出発し南西方向に走ったトウバブという町にやって来た。 ダカールを離れて地方を走っていると、高速で走り抜ける車やトラックにぶち当てられそうになるが、通行量が落ち着いているので、排ガスはまだまし。 ダカール市内 […]

大きな玉ねぎ

ティエスからダカールまで85km走って戻ってきた。 ちょっと面倒くさい話しだけど、当初の計画では、セネガル独自のイスラム神秘主義集団のなかのムリッド教団の拠点でもある宗教都市「トゥーバ」を訪れる予定だった。 しかし、こち […]

やっとできた両替

ケルという村からティエスという大きな街まで60km。 今日の一番の目的は両替。 空港に到着したときに、両替した現地通貨のCFA(セーファーフラン)が底をつきかけている。 ルーガという町で、朝から銀行めぐりをしたが、たらい […]

JICA隊員さんを訪問

ルーガを出発しケルという小さな村まで65km。 途中、ケベメールという町に、JICAの隊員さんが活動されているとのことで、立ち寄らせていただいた。   小学校で教員のサポートをされている矢島さんと、学校で待ち合わせをして […]

荷物を断捨離

サンルイから70kmほど走って、ルーガという町にやってきた。 今日は弱音を吐いた一昨日とは違い、思った以上に快適だった。 風の影響が一番大きいのだと思うが、荷物を整理したこともよかったのではないかと思っている。 捨てるも […]

世界遺産の町サンルイ

昨日95km走ったことで、足がパンパンにはり腰も痛い。 こうなることも予想していたので、今日はサンルイで1日ゆっくり過ごしている。   サンルイの中でも、西端のサンルイ島は、1659年にフランスが植民都市として建設が始ま […]

言葉で思考は変わる

今日は95km走るということは、Googleマップでわかっていた。 地形などを見ながら、まぁいけるやろという判断。 結局は目的地にはついたが、ついたときには勝手な主観で体力が10%を切っていた。 こんなことにならないため […]

質素に暮らすと心は豊かになるのかも

今日はムボロという町から走り、ロンプールという村で泊まっている。 北上にするにしたがってサハラ砂漠に少しずつ近づくので、風景もだんだんと砂漠っぽくなってくる。 ロンプールは、セネガルのなかでも砂丘というのか砂漠があること […]

快適に走れるのはわずか2時間

サンルイに向けての2日目。 今日は、ちょっとがんばって走ることになる。 昨日学んだ、舗装路だけでなく、ダートも道であることを肝に銘じる。 ちょっと大回りになるが、Googleマップでみると72kmほど。 今日のホテルは朝 […]

道路の概念の違い

今日はサンルイというモーリタニアとの国境付近を目指して北上する1日目。 230kmくらいなので、3日でいけるが、 見てみたいところもあるため、4日間で進む。 1日目はラックローズという塩湖を目指す。 35kmくらいだから […]

ダカール市街を自転車で散策

今日でダカールの街に滞在するのは終わり。 明日の朝にサン・ルイというモーリタニアとの国境近くの街を目指して北上していく。 ぼくが滞在しているところは、ダカール市内の北側にあるヨフという場所。 中心部から外れているから、ダ […]

奴隷貿易のゴレ島での出会い

どこの国にいっても、世界遺産にはあまり行きたいとは思わない。 観光化された場所には、ローカルの面白さがないからどうしても足が遠のいてしまう。 だけど、セネガルの奴隷貿易の島には行ってみたいと思っていた。 ゴレ島はセネガル […]

自転車との再会

昨日は爆睡しているはずだったが、 自転車のことがずっと気になっていたのだろう、 自転車を引き取りに空港にいこう!と思って目が覚めた。 空港から宿まで60km近くある。17時までに戻りたいと思うと うかうかしていられない。 […]

何事も予定通りにはいかないもので。

何事も予定通りにはいかないもので。関空→ドイツのミュンヘン→ポルトガルのリスボン→セネガルのダカールと2日間に渡る飛行機の旅。トランジットは、いずれも30分ほどの遅れはあったものの、次の便に影響するようなものではなかった […]