過去や未来という時間の感覚を忘れ、この一瞬に夢中になっていることを「生きている」というのだと思う。 「どのように生きるべきか」と考える時間が増えるほど「生きている」感覚は希薄になっていく。 夢中になっている人に惹かれるのは「今を生きている」からだ。

今日で1483回目。 7/13の終了までにどこまでいけるか。…

続きを読む

誰かに応援されると、誰かを応援したくなる。 という経験は、ほとんどの人にあるのではないだろうか。 そうだとして、実際に応援をしたかというと、 しなかったという経験も同じようにあるのだと思う。 感情の熱はそれほど持たない。 ならば、冷めてしまううちに動くしかない。 応援されてココロが動いたなら そのときが誰かを応援するチャンス。 そうして自分のまわりに応援が増えれば 夢の花を咲かせる人が どんどん増えていくんじゃないだろうか。

誰かに応援されると、誰かを応援したくなる。 という経験は、ほ…

続きを読む

同じものを見ていても見え方はそれぞれ違う。 同じ場所にいても感じ方はそれぞれ違う。 同じ音を聞いていてもそれぞれ聞こえ方は違う。 同じものを食べていても味はそれぞれ違う。 感覚はそれぞれ違うとわかっているようで 実は最大公約数を良しとして、そこから外れるものを排除したがる。 1万人がフルマラソンを走ったとき、タイムにかなりのばらつきがでることを 違和感なく受け止めるように、感覚にもかなりのばらつきがあると認めることができれば 人は人に対して少し優しくなれると思う。

続きを読む
メニューを閉じる