欠航のお知らせ。って?

欠航のお知らせ。って?

今日もまたスリランカのことで恐縮です。

ここにくるまでに、
もう1つ大きなエピソードが
あったので今日はその話。

スリランカ往復チケットをどうするか。

今回は、自転車があるので、
預ける荷物の重さや個数に厳しい
LCCだと割高になる。

LCCは早々に除外して、
レガシーキャリアで検索し
移動時間と料金で選んだのが
中国東方航空。

ここは安い。

サンティアゴ巡礼の時も
パリまでこの航空会社を使った。

中華系はサービスが悪いとか、
対応がなってないとか
ネットで目にすることもあったが
特に嫌な印象はもっていなかった。

ただ、旅行代理店だけは、
横文字のあやしい中華系のものを避けて
少し割高だったけど、
何かのときを考えて
近ツリが発券するそのチケットを
ポチッと申し込んだ。

便の変更はできませんよ。
キャンセル料は高いですよ。
ということも了解して
Eチケットが発券された。

それが3月半ばの話。
よし、これで行くことは決まった。
航空券のことはこれでおしまい!
と頭の引き出しにしまった。

ところがどっこい、
6/3、近ツリからメールが届いた。

件名は、欠航の御知らせ。

なに?欠航?まだ1ヶ月以上も先やけど
どういうこと?

読み進めていくと、予定していた便を
航空会社が取りやめたようで
別のルートで行くか、キャンセルするか
どちらかという選択をしてくれ
というものだった。

スリランカまで、直行便があるなかで
3回乗り換えて、36時間かけて行ってください。
途中、宿泊することになりますが、
それはご自身で勝手に予約して自己負担でね。
とのこと。

悪いことはいわない、キャンセルしなさい。
というようにしか読めない。

だけどね、返金は3ヶ月後になるのよ〜
まったく、ふざけてる。

何度かやりとりしたがらちがあかない。

ネットで調べると、中華系の格安チケットには
結構あるらしい。

きっと、テロの影響で、大口ツアーなどに
キャンセルが相次いだろう。

前を向こうと気を取り直し
新たにチケットを調べると
3月のときよりも、4万円ほど
値上がりしている。

ひえ〜
のけぞった。

それはないやろ〜と言っても始まらない。

目を血走らせながら、ネットにかじりつく。
キーボードとマウスを高速でガンガン叩きながら
サイトを検索しまくったが焼けた石に水だった。

いろいろ考えたあげく決めたスケジュールは、
中国東方航空が出してきたものと
さほど変わらないものに。

関空からクアラルンプール(マレーシア)まで
JALのマイルを使うことにした。
クアラルンプールからコロンボ(スリランカ)は
エアアジア。
日本発にすると高いが、クアラルンプールからだと
割安感がある。
というわけでこのルートに。

しかし、JALがなかなか厳しいのだ。
マイルでも一番安いのにしたからだけど、
6:35関空発→羽田→バス→成田→クアラルンプール。

当日クアラルンプールからコロンボに移動すると
遅延したときにチケットを捨てることになってしまう。

それを避けるために
行きはクアラルンプールで2泊、
帰りは1泊することになった。

おかげで、クアラルンプールを自転車で
走ることができるというおまけがついたが、
自転車を再度梱包することを思うと
なんだか気が重い。

今回は何かとあるのだ。

その分、スリランカについて
考えたり調べたりする時間も増えた。

これでいいんだ。
きっと面白い旅になる!

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


メニューを閉じる