フエに到着!ベトナム前半終了!

ホイアンでは1日ゆっくりした。
やっぱりどこにいっても観光客。
なんだか場違いな気がする。

カフェでコーヒーも飲んだしビールも飲んだ。
だけど、どの店もクーラーが効いていないから
飲んだ途端汗となって出ていく。

一番クーラーが効いているのはどこか?
ドミトリーの部屋。ここは完璧!
うぅ〜寒い〜と布団をかぶりながら寝る。
いいでしょ〜
これほど冷えたところはなかなかないのだ。
おかげで日中はゆっくり寝させてもらった。

ベトナムでは朝日を見るために基本朝は早い。
ホイアン旧市街の朝はよかった。
ベトナムの人は朝が早い。
6時には平気で働いている。
屋台でフォーを食べている人もたくさんいる。
早朝の時間帯は住民だけの時間なのだ。
散歩をする人、市場に商品を持って行く人、
舟で海へ出て行く人。
夜に散らかしたゴミを陸と川に別れて
回収している行政の人たち(多分)。

しかし、観光客が動き出した途端
お金が動き始める。
穏やかな町がお金に染まっていくようだ。
ホイアンだけでなく観光地とはそういうところ。
お金が町に落ちて暮らしが良くなるなら
いいじゃないかと自分を無理に納得させる。

冒頭に書くはずだったが、
今日はフエに到着した。

500mの高低差、魔のハイヴァン峠は
昨日クリアした。
本当は今日挑むはずが、
ホイアンで1日休んだから体が軽くて
昨日のうちに行ってしまえ!と挑んできた。
登り始めが10:30。
てっぺんについたのが13:30。
700mを超える箱根をリヤカーで上がったぞ〜
というかわいらしい自信があったが、
そのおかげで、一番暑い時間帯に挑んでしまった。
ゲリラ豪雨に打たれたように、
ズボンの裾まで汗でびっしょり。
人間これほどまで汗がかけるものか、
というほどのゲリラ豪汗。
ここでも休もうと思うと、
バイクやトラックで追い越していく人たちが
声をかけてくれるから休めない。

それでも、ぶっ倒れるように
峠茶屋みたいなところに転がり込み
駆けつけ3杯みたいな感じでガブガブ飲んだ。
昔の燃費の悪いアメ車じゃないけど
リッター2kmくらいの感じじゃないか。

下りはおそろしく急で(きっと登りも同じ)
ママチャリの甘いブレーキでは止まらない。
これも箱根リヤカーで経験済み。
途中からブレーキシューのゴムが
焼ける臭いが漂い始める。
ブレーキを冷やすために、
下りも休憩を取りながらゆっくり下りた。
天下の箱根峠に鈴鹿峠、
そして昨日のハイヴァン峠。
50代はまたひとつ峠を越えて
ひと回り大きくなったような気が勝手にしている。
ま、終わったから言えること。

明日はフエからドンハという町を目指す。
70キロほどかな。
フエが真ん中なら、これから後半戦がスタート。
そして明後日くらいに北緯17度線を越える。
ベトナム国民の意に反して
どこかの国と国との国益でもって
勝手に引かれたボーダーだ。

ホーおじさんがゲバラに見えてくるかな。

え〜目の前の山を越えるんですか!
こんにちは!中井精也です。っていたら怒られますね。ベトナム鉄道を撮ってみました。次はこれに乗りたい。
トラックも時速5キロで登っていきます

 

愛車のママチャリ。無茶なお願いをきいてくれています。
下の道に映るのバイクの女の子たちにクレイジーな奴が好きだ!と言われ、単純なおっさんは俄然やる気になりました。
ふたたび中井精也です。シツコイ?失礼しました!




2018ベトナム縦断2,000kmママチャリの旅
<スポンサー>


モンベル

日本最大のアウトドア総合ブランド


グローバルWiFi

世界200以上の国と地域で使える パケット定額制の海外用 WiFiレンタルサービス

2 Comments

  1. おおひら まさひこ

    日本で暑さにもがき苦しんでる間に、もう半分も行ってしまいはりましたか。
    こっちはこっちで我慢強く粘りますんで、そちらも後半戦も頑張ってください。
    しらんまに62才になってしまいましたよ〜

    1. atsushi

      ハッピーバースデー!おめでとうございます!まだまだ現役でがんばってください!
      日本は狂ったような暑さが続いているようですね。台風の西進にはびっくりしました。
      もう半分来てしまいました。後半戦も心して頑張ります!
      ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA