【サンティアゴ巡礼・フランス人の道】75日目:海が恋しい A Pena and Piaxe ​〜 ​ホスピタル 30km

A Pena and Piaxe ​〜 ​Hospital​ 30km

5:40頃スタートするが
空に星は見えず。
ヘッドライトのあかりは
ミストが乱反射して
先がよく見えない。
霧がかかっているのだ。
​半袖から露出している腕は
しっとりとしてくる。
カメラも触ると湿っていた。

​少しずつ山の輪郭が見え始めても​
空のどこかが鮮やかな色に
変化しているわけでもない。
​色のないまま夜が明けていく。​

朝からすっきり晴れた日が
ここ数日ない。​
ガリシア地方は​雨が多い地域と
聞いていたが、そのようだ。

時間が経っても状況が変わらないまま
今日はホスピタルという村まで30キロ歩いた。

ここで、フィステーラとムシアに行くルートが
別れるようだ。
ぼくは最初にフィステーラを目指す。
残り30キロ。
約80日ぶりに海を見る。

ぼくが育った舞鶴は、海の町だ。
中学、高校は海を見ながら通った。
そこに海があることがあたり前の環境で育つと
海を見ない日が続くと、
なんともいえない乾きを体が感じるのだ。
地平線を見たいと大陸を目指すが、
いつも終わりになると乾いてくる。

雨で満たされるものではなく
圧倒的な水のスケールを感じないと
癒えるものではない。

今回は長かったので、乾ききっている。
明日はついに大西洋に出会える日。
星空には恵まれないかもしれないが、
乾ききった体を水平線が、潮の香りが
潤してくれるだろう。

かつて欧州の人たちが世界の果てと
呼んだ大西洋は、どんな表情を
見せてくれるだろうか?

​いよいよこの旅も終わりを迎える。​




2018ベトナム縦断2,000kmママチャリの旅
<スポンサー>


モンベル

日本最大のアウトドア総合ブランド


グローバルWiFi

世界200以上の国と地域で使える パケット定額制の海外用 WiFiレンタルサービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA