【サンティアゴ巡礼】Tシャツに肝っ玉ん注入!


昨年の暮れ、梅田での2017カレンダーの路上販売。
その時、全面的にサポートしてくれたのが、
ぼくの路上の師匠、路上詩人肝っ玉ん。

昨年、出発前に書かせてください!と
言ってくれていたので、持っていくTシャツに
書いてもらうことにした。

場所は、これまた今回大変お世話になった笑顔工房。

墨を使うとにじんでしまう。洗濯をすると色落ちする。
だからとアクリル絵の具で書いてくれることに。

彼はとてもよくしゃべる。そして質問をする。
それは、ぼくの今思っていることを
さりげなく取材し、
自分のなかに落とし込んでいくためだろう。

今どんな心境ですか?
旅に望むことは最初と変わってきましたか?
準備をしながら満面の笑みで聞いてくる。

準備が整うと、口数が減っていく肝っ玉ん。
気持ちが頂点に達したように見えた時
赤い絵の具のついた筆先が
Tシャツのど真ん中に突き刺さった。


肝っ玉んの気持ちがTシャツに入った瞬間だ。
赤い筆の描く円はどんどん大きくなり
やがて日の丸が見えてくる。
その日の丸の上に、金色の絵の具を落とし
息でフッ!と吹き飛ばす。
燃えさかる太陽もしくは、魂のようにも見えてくる。
無言で筆は進んでいく。

朱肉をつけ落款を押すと
ふぅーとひと息はいて、
こちらの世界に戻ってきた。

大きく描かれた文字は「鼓動」。
生きていることをど真ん中で感じながら
歩いてください!という肝っ玉んからのメッセージ​。
うれしいことも辛いことも、苦しいことも楽しいことも、
全てが鼓動、命の音が響き渡るように歩​めということだろう。

80日間休みなく歩き続けられるだろうか。
苦しいとき心は折れないだろうか。
​いろんなことを考えることもあるけれど、
そのすべてが生きているということ。
​命があるからこそ、感じること、感じられること。​
今ここにあるということを感謝して歩こう​!
​​​
魂の入った世界に一枚のT​シャツ。
ぼろぼろになるまで着込みたい。​​




2018ベトナム縦断2,000kmママチャリの旅
<スポンサー>


モンベル

日本最大のアウトドア総合ブランド


グローバルWiFi

世界200以上の国と地域で使える パケット定額制の海外用 WiFiレンタルサービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA